マイカの社員犬「チョコ」が旅立ちました

2021年1月12日19時、マイカの社員犬であるチョコが、17才9ヶ月の犬生の幕を下ろしました。 チョコは、2003年4月18日生まれ。2004年にはマイカの社員犬となり、数々の書籍や雑誌の写真に登場。雑誌「いぬのきもち」が運営するブログには、同僚のマロと共にモ…

脳のワーキングメモリをクリアする方法

「ワーキングメモリ」ってご存じですか? ワーキングメモリとは、短時間だけ情報を保持し、処理する能力のこと。目の前のタスクを処理する際、その作業に必要な情報を少しだけ頭の中に置いておくことがありますが、そのときに活躍するのがワーキングメモリで…

「純粋によく見る」って本当に難しい……

先日、「ダイアモンドオンライン」でこんな記事を読みました。 ■本当に優秀な人は「考える力」よりも「見る力」で差をつけている そこには、次のような記述がありました。 「思考力」だけで帳尻を合わせられる時代が終わろうとしているいま、真っ先に磨くべ…

ローコンテクストはOK。だけど、なにかが足りない

マイカは今年2月からテレワークを実践しています。以前からSlackやZoom、Basecamp、Dropbox、LINEなどを使って仕事をしていたということもあり、テレワーク移行に不安はありませんでした。 それからずっと完全テレワークを続けていますが、運用上、ほとんど…

省エネで生きていく!

先日、友人がこんなことを言いました。 「これから私、省エネで生きていこうと思って」 このセリフだけ見ると、静かにおとなしく暮らしているような人のように思えますが、とんでもない! 彼女はとてもエネルギッシュで、おもしろそうなオンラインイベントを…

その「やりたくない」の正体は?

Twitterで「F太(https://mobile.twitter.com/fta7 )」という人をフォローしています。8月26日、F太さんがこんなツイートを投稿していました。 「やりたくない」には・ほんとうはやりたいけど、めんどう(2分だけやる)・ほんとうはやりたいけど、こわい(…

人の話をちゃんと聞くのは難しい

去る9月27日、女優の竹内結子さんの突然の訃報を受け、驚かれた方も多いと思います。ネットでもさまざまな媒体で報道されていましたが、なかでも私が興味を惹かれたのはこの記事でした。 ■相次ぐ自殺報道に「芸能界だけのことではない」 風間俊介のコメント…

日経エンタテインメント10月号「”新常態”(ニューノーマル)で変わるエンタテインメント」執筆しました

9月4日発売の「日経エンタテインメント」10月号、「”新常態”で変わるエンタテインメント」という特集記事内「進化するライブ配信サービス」というコーナーを執筆いたしました。 新型コロナウィルスの影響で観客を入れたコンサートが制限されることになった今…

No.0034 「ぐんまーソングライター」から「yoshimi」へ。「生の私を見てもらいたい」

「ぐんまーソングライター」であり、群馬県の観光特使でもあるyoshimiさん。実は私、某媒体の仕事で10年前に彼女をインタビューしたことがありました。当時の彼女のイメージは、ジャズダンスを踊り、美しい声で歌うかっこいいシンガーソングライターでした。…

なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは PDA博物館、「くりすたるあーと」に続き「丑や」のインタビュー記事を書いたのでご紹介します。 「丑や」の安田さんも京都にお住まいで、しかも本業は呉服屋さんだとか…

「テレワーク実践ガイド 完全版」(日経パソコン)発売中!

9月10日、「テレワーク実践ガイド 完全版」(日経パソコン)本が発売されました。共著となっていて、一部をマイカが担当しています。 在宅勤務やテレワークを実践する職場が急増し、ビデオ会議やビジネスチャットを利用した情報共有などオンラインでのコミュ…

【インタビュー(されました)】なぜ私は1000人に会いたいのか?

井上真花さんに聞く、インタビューの面白さ 「1000人に会いたい」プロジェクトを立ち上げてから1年3ヵ月。現在、33人まで記事を公開しています。まだ記事化していない人も加えると35人。ざっと計算すると、1000人達成までにあと27年ぐらいかかりそうです………

「ちゃんと話、聞いてる?」問題、勃発中!

誰かと話をしていて「聞いてもらえていない気がする……」とモヤモヤしたことはありませんか? 相手と視線は合っているし、フンフンと相づちもしてくれる。合間に「なるほどね」「わかるよ」と声をかけてくれることもある。でも、聞いてもらえている実感がない…

レンジでパスタは正義!

テレワークだと、平日ランチに悩みます。いつもならランチは外食!と決まっていたのですが、テレワークだと「わざわざ外に食べにいくのもね……」となりがち。とはいえ、午前中に仕事をしていると、なかなか料理できないですよね。 そこで重宝するのが、各種麺…

AirPods Proが開く異次元の扉

ずっと気になっていたのに、なかなか買えなかったAirPods Pro。友人がSNSに「入手した」と書いていたのを見て「あ、そういえば私も欲しかった」と思い出し、先週末、Apple Storeサイトにアクセスしてポチりました。今なら翌日に届くんですね。一時は品薄で手…

計画を立て直す必要はない

COVID-19の影響で、世の中は大きく変化しました。これまで通りの仕事のやり方ではうまくいかないと感じている人も多いのではないでしょうか。前回のコラムで紹介した「ニューノーマル」という言葉にも、そんなニュアンスが感じられます。 クルクルと変化する…

テレワーク、これからも続けますか?

昨日、こんなブログ記事を見ました。 ■テレワーク、終了。 なかなかインパクトのあるタイトルです。筆者は「クラウドではたらくインフラエンジニア」とのこと(プロフィールより)。半年テレワークをやってみた結果「いいことばかり吹聴されるけれど、悪いこ…

水城さんの「見守りフェス」が「旅立ちフェス」に

これまでの人生の中で強くシンパシーを感じる人が3人いて、その1人が水城ゆうさん。同じ時期に同じようなことを考えていたり、同じものを欲しがっていたり。ずっと、まるでもう1人の自分を見ているようだった。 だから、水城さんがガンになったと聞いたと…

【日経プラスワン】体温管理、アプリで簡単に 通知設定で毎日忘れず

style.nikkei.com 日経新聞「プラスワン」の連載「すっきり生活」の最新記事。今回は、スマホで体温を管理する方法について解説しました。

【書籍】ゼロからはじめるシリーズ『 Zoom基本&便利技』を書きました

Webマガジン「別冊マイカ」でZoomの記事を書いていたところ、技術評論社から「Zoomの本を出しませんか」と声をかけていただきました。 表紙に書かれている「ゼロから始めるズーム」「いちばんやさしいズームの入門書」というコピーはウソではありません! 「…

水城ゆうさんのピアノをもう一度聴きたい

1000人インタビューにも登場した水城ゆうさん。末期ガンで余命宣告を受けましたが、「この命の最後の一滴まで使い果たしたい」という願いで、今もなお創作活動(ピアノ)を続けています。 水城さんの最近の活動の様子は、「水の反映」というブログでご覧くだ…

「アマビエの商標登録」という自己矛盾

先日、「電通がアマビエの商標登録を出願」というニュースが報道され、話題になりました。その後ネットでの批判が集中したため、7月6月に商標出願を取り下げたとのことです。 考えてみると、これって非常によくできたネタですよね。アマビエは「私をコピーし…

No.0033 マッチングアプリ全国3位。デートの達人れんげさんが分析するコミュニケーションのコツ

マッチングアプリとは、恋人や結婚相手を見つけるため、希望の条件を入力してその条件にマッチした相手を探すサービス(アプリ)のこと。主なサービスとして「with」や「Pairs」、「Omiai」、「ゼクシィ縁結び」などがあります。「れんげ」さんは、この中の…

【日経プラスワン】あら便利!スマホ術 Zoomの会話に誘う

日経新聞「プラスワン」の連載「すっきり生活」の最新記事。今回は、Zoomミーティングに招待する方法について解説しました。 style.nikkei.com

会報誌「LiFE+(ライフプラス)」の記事を監修しました

千葉県内を中心に冠婚葬祭互助会の運営を行っている株式会社博全社の会報誌「LiFE+(ライフプラス)」(2020年7月1日発行)の特別企画「デジタルでつながると おうち時間はもっと充実!」を監修いたしました。

仕事をする前に、身体を動かそう

先日、おもしろいnoteを見つけました。 ■自宅で一人で20年働くフリーランス・デザイナーが実践している習慣術 めちゃくちゃ仕事が速くて、しかも仕事のクオリティが高いという、ちょっとスーパーマンのような井上新八さん。彼は毎日、鬼のようなルーティンを…

食べることが、そのまま「生きる力」になる

わが家には2頭のワンコがいる。長男のチョコは御年17歳。かなりご高齢だ。次男のマロは15歳。こちらもそこそこ年老いている。 手前がチョコ、向こう側で寝ているのがマロ マロは、一昨年の冬に肺炎を患った。獣医で治療をしてもなかなかよくならず、年末に…

しばらくスマホとインターネットから少し距離をおこう

思えば20数年前にモバイル端末(当時はPDAと言いました)の魅力に取り憑かれて以来、私は多くの人にモバイル端末の有用性について語り、強く勧めてきました。その後、モバイル端末はインターネットに接続できる「スマホ」として多くの人に愛用されるようにな…

essay20200623 生きていいということ

水城さんのブログから。このブログを読んだ余韻は、翌日になってもまだ残っていた。人は「何をする」「どこへ行く」ではなく、「どうある」かが大事なのだ。それにしても、水城さんはつくづく幸せな人だ。私も、これまで積み上げてきたもの全てを放り投げた…

あなた、いま「惰考(だこう)」に耽っていませんか?

日々の暮らしの中で、考えなければならないことはいろいろあります。「今晩のおかずは何にしようかな……」程度であれば、さほど深刻に悩むこともありません。しかし、「今度の都知事選、誰に投票しようかな」「あの人はなぜ私にあんなことを言ったのだろう」…

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.