マイカの社員犬「チョコ」が旅立ちました

2021年1月12日19時、マイカの社員犬であるチョコが、17才9ヶ月の犬生の幕を下ろしました。

チョコは、2003年4月18日生まれ。2004年にはマイカの社員犬となり、数々の書籍や雑誌の写真に登場。雑誌「いぬのきもち」が運営するブログには、同僚のマロと共にモデルとして活躍しました。

昨年10月頃からは老化が進み、立ち上がることもままならず、終日寝てばかりでしたが、ここ2日ほど食欲がなく、あまり水も飲まなくなったので動物病院に連れていったところ、多臓器不全という診断でした。

診察中、2度も心肺停止状態に陥り、医者から「もう無理だろう」と言われましたが、そのたびに蘇生するというスーパーミラクルな根性を見せつけたチョコ。点滴を打って病院から自宅に戻り、いつものクッションの上で横になり、家族に見守られながら穏やかに息を引き取りました。

長くそばにいてくれたこと、そして命が尽きる瞬間を一緒に過ごせたこと、本当にありがたく思っています。また、存命中に可愛がってくださいました皆様にも、深く感謝申し上げます。ありがとうございました!

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.