上野の桜

昨日、上野から自宅に戻る途中に上野公園を通ってみた。毎年この時期は、ブルーシートを敷いて花見をしている人が多いのだが、今年はCOVID-19の影響からか、ほとんどの人が歩きながら桜を楽しんでいた。

一番嫌いなのは、自分が正しいと思い込むこと

2月24日、NHKで「塩野七生と高校生の対話」の再放送を見ました。塩野七生さんといえば、歴史エッセイがおなじみ。「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」の著者です。 そんな塩野さんが17歳の高校生たちと対話するという番組。テレビをつけたとき、た…

「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK 「職人家電」ってご存じですか? 1つの機能にこだわり、徹底的にクオリティーをアップさせた家電。いわばその道のプロ、職人しかできないような技術を再現した家電のことを、戸井田園子さんは「職人家電」…

起業家が成功する条件は何か

先日、NewsPicksでおもしろい動画を見ました。タイトルは「起業家が成功する条件は何か?」。 堀江貴文氏、斎藤祐馬氏、田中修治氏、加藤史子氏が、それぞれ、起業家が成功する条件について語ります。 そのなかで、堀江貴文氏が掲げた条件は「しつこさ」でし…

No.0029-02 小説講座を主催する鈴木輝一郎さんに作家になる方法を聞いてみた

作家の鈴木輝一郎さんのインタビュー、第二弾。今回は、「鈴木輝一郎小説講座」で講師を務め、数々のプロ作家を輩出している鈴木輝一郎さんに、作家になる方法についてお話を聞いてみました。「普通のことを普通にやっていれば、誰だって作家にはなれる」と…

人の手帳を見るのは楽しい

もう2月も半ば。この時期、「ほぼ日手帳」の4月はじまり版が発売されます。 ほぼ日手帳には、年始めから使うものと4月から使うものがあって、おかげで私は年に2度、悩ましい気持ちになります。 手帳を買っても、最後まで書いた試しがない。だから、買わな…

「オフ会で見せびらかすためにPalmを光らせる」PDA改造を通して見えたガジェット愛

「オフ会で見せびらかすためにPalmを光らせる」PDA改造を通して見えたガジェット愛 Palmユーザーなら誰でも「KAIZO」という5文字を見ると気持ちがザワザワするはず。 もともとPDAユーザーは、やたらと自分の端末をカスタマイズして見せびらかしがちですが、…

民間や自治体の産後サポート、どう活用する?

民間や自治体の産後サポート、どう活用する? 現代に合った産後の過ごし方」を専門家の話を交えて紹介する連載、最新記事は「親に頼らずに産後を乗り切る方法」です。 産後ケアの選択肢は、里帰り出産だけではありません。「自宅でパパと乗り切る」「民間や…

スマートリモコンで普通の家電がスマホ操作可能に

Hatena Pocket RSS feedly Pin it スマートリモコンで普通の家電がスマホ操作可能に 共働き世帯に最適なスマートホームのつくり方とお薦めスマート家電を紹介する連載、今回のテーマは「スマートリモコン」と「スマートセンサー」。これらを使えば、今使って…

他人は変えられないが、自分は変えられる

先日、NHK「あさイチ」でこんな番組をやっていました。 「なんとかしたい!私のイライラ」 なんだかみなさん、かなりイライラしているようです……。 イライラの主な原因は「夫の言動」や「子どものしつけ」。主に家族の振る舞いが原因なんですね。 家族は、毎…

使う頻度少ない家電は新型に 「脱・休家電」のススメ

使う頻度少ない家電は新型に 「脱・休家電」のススメ 家の中でなくてはならない存在の白物家電。スマートフォンやAV機器と違ってずっと変わらないように見えるかもしれませんが、生活に欠かせない必需品だけに、生活スタイルに合わせて変化を遂げています。 …

No.0029 「わかっちゃいるけどやめられない」薬物依存の世界を、鈴木輝一郎が語る

作家の鈴木輝一郎さんとは、約25年前にNifty-ServeのFbookフォーラムで言葉を交わして以来、長いお付き合いとなります。現在は作家活動を続けつつ「鈴木輝一郎小説講座」で講師を務め、これまで数々のプロ作家を輩出。著作「何がなんでも作家になりたい!」…

デジタル・デトックスならぬ「デジタル・ミニマリスト」とは

先日「デジタル・ミニマリスト」という本を読みました。 この本、TwitterかFacebookでタイトルを見て興味を持ち、読み始めたのですが、その本の趣旨が「SNSやスマホからの脱却」というのはちょっとしたアイロニーですね。 誤解のないように、念のため申し上…

視野を世界へ転じれば、策を講じる余地はある

今年の冬は暖冬のようですね。寒さに弱い私はとても助かっていますが、喜んでばかりもいられないようです。 たとえばゴーグル販売をしている友人によると、「今年は誰もスキーに行かないから全く売れない」とのこと。 そこで私が「売るために努力するのも難…

リハビリの先生が教えてくれた。「健康ネタ」のウソ

昨年春に五十肩になり、腕が上がらなくなった。整形外科医の診察によると「五十肩に加え、肩の関節(骨)が変形し、上がらなくなっている」とのこと。それからずっと治療のためにリハビリに通っている。おかげさまで、最近はバンザイもできるようになってき…

No.0028 「若い世代が自分らしく生きられる社会にしていきたい」棒田明子さん

私、日経DUALという媒体で、「ばあばの本音」という企画を担当しています。その記事の監修をお願いしているのが、今回ご登場する棒田明子さん。彼女は「孫育て・ニッポン」の理事長として、全国各地で「孫育て講座」や行政との共同プロジェクトを行うなど、…

デジタル・ミニマリスト(カル・ニューポート)

今、読んでいる本「デジタル・ミニマリスト: 本当に大切なことに集中する」をご紹介する。 それにしても、海外の啓蒙書ってなんでこんなにパターンが似ているんだろう。はじめの1/3は「こう思っていたんでしょう。でもそうじゃないのよ」という話と、それを…

No.0027 「天才美少女ネコ」りりさん、Twitterで出会ったパートナーとの婚約をフォロワーに報告

平成最後の日、「平成ガジェット鑑定ショー」の出演者であるりりさんと出会いました。りりさんは、出演者のなかでは最年少者でしたが、堂々と「スーパーピッキートーク」愛を語り、午前の部で見事優勝を果たしました。実はこのとき、客席にはりりさんのパー…

2019年家電は「個電」が人気 調理器具はダイニングへ

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO53453170X11C19A2000000 2019年はどんな一年だったのだろうか。モノで2019年を振り返る特集、「文具」「AV機器」に続く最終回は「家電」を取り上げました。家電コーディネーターの戸井田園子さんによると、今年目立…

No.0026 「おばちゃんでもバンドをやっていいんだ!」四半世紀のブランクを経てステージに立つ美魔女、こゆさん登場

大学時代、同じサークルでバンドをやっていたこゆさん。当時の彼女は、ニューウェーブバンドのボーカルでした。愛らしいルックスと、そのルックスに似合わない迫力のある声のギャップが魅力的で、とてもファンが多かったんです。大学卒業後、しばらく疎遠に…

「HP95LX」を趣味で日本語化した日本HP元社員が登場

「HP95LX」を趣味で日本語化した日本HP元社員が登場。iPhone用のLXケース?も 今さら言うまでもありませんが、HP95/100/200LXはもともと日本語化されていませんでした。以前、NORIさんのインタビュー記事「PDAの黎明期を下支えした「恵梨沙(えりさ)フォン…

No.0025 イカ天で一世を風靡したカブキロックスの坂川正美(美女丸)が当時を振り返る

30年前、テレビで「イカすバンド天国」という番組を見ていたら、見覚えのある人が! 仮イカ天キングとなった「カブキロックス」のギタリスト、坂川美女丸さんです。彼は、大学時代に同じサークルで親しくしていた友人で、当時から突出したキャラクターとギタ…

【インタビュー】No.0024 安田理央が「常に全部持ち歩きたい」欲を叶えたノートとスマホの使い方とは

以前、PDA博物館の「エロとデジタルの関わりを研究するライターが求めた究極のモバイル端末とは」記事で取材させていただいた安田理央さん。取材では、主にPDAやスマホの使い方についてお話を聞いていましたが、途中、ノートを取り出して「実は、これとスマ…

「ラスト・ステージ/事象の地平線」を見て

昨夜、渋谷で行われた「ラスト・ステージ/事象の地平線」を見た感想、というか備忘録。 昨日、水城さんのイベントにいってきた。タイトルは「ラスト・ステージ/事象の地平線」。といっても、水城さんのラスト・ステージという意味ではなく、人が死ぬときに…

【インタビュー】熱中小学校は人材育成の場。「大切なのは、人とのつながり」(竹村譲氏)

井上 「熱中小学校」という名前の由来は? 竹村 名前の由来は、高畠町の会場となっている校舎が水谷豊さん主演のテレビドラマ「熱中時代」のロケで使われた場所だったから。2014年の末、山形県高畠町の地元の方から「高畠町にある素晴らしい時沢小学校が廃校…

【インタビュー】スーパーピッキートークのヘビーユーザー登場!

大人だけじゃない、キッズ向けPDA「スーパーピッキートーク」がネットの楽しさを教えてくれた 本誌で何度か話題にしましたが、私、今年の4月30日、NHKの「「ゆく時代、くる時代」内「平成ガジェット鑑定ショー」に出演しました(そのレポートはこちら)。 は…

【インタビュー】No.0022-02 「Think,Think Unthinkable and Think Again」(竹村譲氏)

前回「カレーの東洋」と日本IBMのつながりについて教えて下さった竹村譲さん。現在、さまざまな活動をされていますが、今回はその中でも「Thinking Power Project」についてお聞きしました。「Think」というキーワードは、日本IBMの時代から使われていたとの…

【インタビュー】No.0022-01 ”ロードウォーリアー”竹村譲氏と「カレーの東洋」との深いつながりとは

「DOS/V」、「ThinkPad」、そして「WorkPad」。一見あまり関係なさそうに見えますが、実はすべて元日本IBMの竹村譲さんがこの世に送り出したもの。竹村譲さん、別名「T教授」「ゼロ・ハリ」さんは、時代に先駆けてモバイルワーキングスタイルを提唱した「ロ…

北先住のスリランカ料理の店「TAMBOURIN CURRY&BAR」

北先住のスリランカ料理の店「TAMBOURIN CURRY&BAR」にて、タンブリンカレー。ごはんのまわりにあるさまざまなアチャールを少しずつごはんに混ぜながら、サラサラのカレーをかけて食べる。組み合わせによっていろんな味になるのが楽しい。 TAMBOURIN CURRY&…

いま私が運営に携わっている哲学カフェ2つ

私が関わっている哲学カフェは2つあって、1つは神保町で開催される「哲学カフェ@神保町」、もう1つは平井の本棚で開催される「哲学カフェANNEX」です。 t-cafe.hateblo.jp 神保町のほうは、東洋大学井上円了哲学塾の修了生がスタッフとなって運営してい…

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.