2017-11-26から1日間の記事一覧

大拙と円了から学ぶ「超個人として生きるということ」

鈴木大拙の著作は、旧仮名使いが読みづらいことを除けば、至って読みやすく楽しい。この人に出会えてよかった。 彼は個人を超えた超個人として生きていた人なのだろう。そこに、私は憧れる。自分の枠、自分としてしか生きられないことに行き詰まりを感じてい…

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.