日記

水城さんの「見守りフェス」が「旅立ちフェス」に

これまでの人生の中で強くシンパシーを感じる人が3人いて、その1人が水城ゆうさん。同じ時期に同じようなことを考えていたり、同じものを欲しがっていたり。ずっと、まるでもう1人の自分を見ているようだった。 だから、水城さんがガンになったと聞いたと…

「アマビエの商標登録」という自己矛盾

先日、「電通がアマビエの商標登録を出願」というニュースが報道され、話題になりました。その後ネットでの批判が集中したため、7月6月に商標出願を取り下げたとのことです。 考えてみると、これって非常によくできたネタですよね。アマビエは「私をコピーし…

仕事をする前に、身体を動かそう

先日、おもしろいnoteを見つけました。 ■自宅で一人で20年働くフリーランス・デザイナーが実践している習慣術 めちゃくちゃ仕事が速くて、しかも仕事のクオリティが高いという、ちょっとスーパーマンのような井上新八さん。彼は毎日、鬼のようなルーティンを…

食べることが、そのまま「生きる力」になる

わが家には2頭のワンコがいる。長男のチョコは御年17歳。かなりご高齢だ。次男のマロは15歳。こちらもそこそこ年老いている。 手前がチョコ、向こう側で寝ているのがマロ マロは、一昨年の冬に肺炎を患った。獣医で治療をしてもなかなかよくならず、年末に…

しばらくスマホとインターネットから少し距離をおこう

思えば20数年前にモバイル端末(当時はPDAと言いました)の魅力に取り憑かれて以来、私は多くの人にモバイル端末の有用性について語り、強く勧めてきました。その後、モバイル端末はインターネットに接続できる「スマホ」として多くの人に愛用されるようにな…

あなた、いま「惰考(だこう)」に耽っていませんか?

日々の暮らしの中で、考えなければならないことはいろいろあります。「今晩のおかずは何にしようかな……」程度であれば、さほど深刻に悩むこともありません。しかし、「今度の都知事選、誰に投票しようかな」「あの人はなぜ私にあんなことを言ったのだろう」…

essay20200623 生きていいということ

水城さんのブログから。このブログを読んだ余韻は、翌日になってもまだ残っていた。人は「何をする」「どこへ行く」ではなく、「どうある」かが大事なのだ。それにしても、水城さんはつくづく幸せな人だ。私も、これまで積み上げてきたもの全てを放り投げた…

娘からの問い。「マインドフルネスとは?」

最近いろいろと思い悩むことが多くなってきた娘が、私に尋ねた。「いろんな人にマインドフルネスを勧められるんだけど、マインドフルネスってなに?」。 さて、「マインドフルネス」とは何だろう。私もずっとそれについて考えてきたはずだが、未だ確たる答え…

essay 20200619

このところ毎日、水城さんのピアノを聴いています。「自分に正直に生きる」という言葉はよく耳にしますが、実行できている人はとても稀で、その一人が今の水城さんです。 https://juicylab.blogspot.com/2020/06/essay-20200619.html essay 20200619

「不老不死」は、本当に人類の夢なのか

カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真 2009年7月発行のNature誌とScience誌に、長寿に関する論文が発表されました。Nature誌版はマウス、Science誌版はアカゲザルと実験対象は違いますが、いずれも「ラパマイシン」が関係しているそうです。 「ラパマイシ…

9年目の創立記念日を迎えることができました

本日は、オフィスマイカの創立記念日。おかげさまで19周年を迎えることができました。 まさか、こんなに長く続けられるとは思っていませんでした。設立当時の自分に「意外と長いよ」と教えてあげたいです(笑) 当時の私。若い〜! 当時の事務所。末広町妻恋…

間違っているのに自分が正しいと感じてしまうのはなぜなのか?

TwitterやFacebookなどのSNSを使っている人は多いですね。私もずっと使っていますが、最近のSNSのイメージは、こんな感じ。 誰かが意見を投稿すると、同調コメントが次々と投稿され、賞賛される。そこで誰かが反対意見をいうと、あちこちから攻撃される。さ…

ニコニコ動画を説明できるのか?という池上彰さんの問いかけ

実は今、某サービスの使い方を解説する本を制作してます。こういった類いの本はこれまで何度も作ってきましたが、だからといってスラスラ書けるものではありません。 「どういう人が読むのかな」「その人はどういうシーンで使いたいのかな」「どう言えばわか…

学校再開!子どものサポートは「フィンランド式」で

休校が続くこの時期、家庭のなかでどんなことが起こっているか知りたくて、先日、小学生のママたちを集めてオンライン座談会を開きました。 お話を聞く前、私はぼんやりと「お子さんの相手や食事の準備が大変なんだろうなあ」と想像していたのですが、現場の…

今日はいい天気ですねぇ

煮出し麦茶

麦茶、毎年横着して水出しで済ませていたけど、今年はやかんで沸かしている。ある程度煮出したら、シンクにある洗い桶に入れ、水冷である程度冷まし、そのあとは冷蔵庫に入れず常温のまま飲む。こうすると身体が冷えすぎない上、胃痛にもならない(実は毎年…

激動の時代、パラダイムシフトに気づくには

日本政府は14日、39県に対し、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を解除しました。東京都や大阪府などの都市では、今後の状況を見ながら検討する、とのことでした。 さて、解除された後、世の中はどうなっていくのでしょう。例えば、仕事。いろんな人に話…

長引く自粛生活。「ストレス疲憊期」にご注意を

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、及び福岡県では4月7日、それ以外の都道府県では4月16日に緊急事態宣言が発令されました。つまり5月13日現在、東京ではすでに1ヶ月以上自粛生活が続いていることになります。 ちなみに、マイカは2月半ば…

コンビーフサンド

コンビーフのホットサンド。コンビーフ1缶を2人で分けてはさんだら、こんなに分厚くなってしまった!朝からガッツリ。

17歳のチョコと、15歳のマロ

17才のチョコは足腰が弱ってきて、トボトボ歩きつつフラッとよろけることが増えてきた。15才のマロは目が見えなくて、外に出かけるのが怖くなってきた。そんなわけで、日々の散歩はベランダで済ましてる。限られたスペースだけど鉢植えだけは多いから、マロ…

BookCoverChallenge Vol.7『天草讃歌』(井上継代)

『7日間ブックカバーチャレンジ』、最終日である7日目は「天草讃歌」(井上継代)です。4年前に亡くなった私の母の短歌集で、父が編集しました。少し長いですが、父が書いた後書きを載せておきます。========= 著者、井上継代は平成28年6月21日脳梗塞のため…

BookCoverChallenge Vol.6『星くず色の船』(内田善美)

『7日間ブックカバーチャレンジ』、6日目は「星くず色の船」(内田善美)です。 学生時代、内田善美さんにハマってコミックをコレクションしていたのですが、すべて手放してしまいました。改めて読みたくなって、大人になってからひとつずつ買い直しています…

BookCoverChallenge Vol.5『無心ということ』(鈴木大拙)

『7日間ブックカバーチャレンジ』、5日目は「無心ということ」(鈴木大拙)です。 私は鈴木大拙の大ファンなのですが、きっかけは「 大拙先生 とわたし(こころの時代)」というテレビ番組(https://www.youtube.com/watch?v=fsd_YKw8L2w)。大拙と長く過ご…

BookCoverChallenge Vol.4『アウト・オン・ア・リム』(シャーリー・マクレーン)

『7日間ブックカバーチャレンジ』、4日目は「アウト・オン・ア・リム」(シャーリー・マクレーン)です。 世界的に有名な映画俳優であるシャーリー・マクレーンですが、この本を含め、数多くの著作があります。 わたしが本書を手にしたのは、たぶん30年以上…

本を「耳」で読む

「もうゴールデンウィーク始まったよ」という人、いますか? いいえ、今年はゴールデンウィークではなく「STAY HOME週間」でしたね。長〜いお休み、いかがお過ごしですか? 今年の連休は外出自粛ということで、私も「なにかしら家の中でできることを……」と色…

BookCoverChallenge Vol.3『14歳からの哲学』(池田晶子)

『7日間ブックカバーチャレンジ』、3日目は「14歳からの哲学」(池田晶子)です。 池田晶子さんは非常に率直に文章を書かれる方で、しかも14歳に向けて書かれた本だから、とてもわかりやすくてフレンドリー。難しい言葉を使わず、どういうことをどんな風に考…

BookCoverChallenge Vol.1 『FLOW 韓氏意挙の哲学』(尹雄大)

Facebookで「ブックカバーチャレンジ」というバトンが回ってきました。これは、 ・読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ・好きな本を1日1冊、7日間投稿する というもの。 てことで、まずは1日目。「FLOW 韓氏意挙の哲学」は、尹雄大さんの著書。今から…

One World:Together At Home、始まって15分でもう感動していた

こんにちは。井上真花です。 4月19日の朝9時(日本時間)、新型コロナウイルスに最前線で立ち向かう医療従事者を支援するスペシャル・イベント「One World: Together At Home」の映像が配信されました。その間、私はテレビの前から動くことができませんでし…

最近、人と話しをすることが増えているかもしれない

井上真花です。外出自粛が続く日々。みなさん、どうお過ごしですか? 人と会わない&話さない日々が続き、「誰かとお話がしたい!」なんて思っていませんか? ところが私はその反対で、1日に話す人数が以前より増えています。といっても、直接お会いしている…

今の自分を助けてくれる(かもしれない)「3つの目」

おはようございます。井上真花です。 以前、「鳥の目」「虫の目」「魚の目」という話を聞いたことがあります。 「鳥の目」とは、鳥のごとく高い場所から俯瞰して物事を見るということ。「虫の目」とは、虫のごとく目の前のことをしっかり見るということ。 「…

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.