東野圭吾「むかし僕が死んだ家」

ずいぶん前に買った本で、本日やっと読み始めました。先ほど読了。夢中になっちゃった。

この本、家の中の様子を徹底的に調べながら以前この家で何が起こったのかを推理していくというミステリ王道の手法でありながら、ストーリーとしてはあまりミステリ的ではなく、ラブストーリーでもあり、心理サスペンスでもあり、ちょっぴりホラーでもあり。

大変面白かったです。やっぱ、東野さんはいいなあ。外れがないです。次はなにを読もうかな。



 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.