どちらかが彼女を殺した

東野圭吾のミステリ読破。書名は「どちらかが彼女を殺した」。タイトル通り、二人の容疑者がいて、どちらかが彼女を殺したという内容だった。いったいどっちなんだろう…と、ロクに推理しないままガンガン読み進めたのが間違い。これ、読者が推理して犯人を当てるという小説だったらしい。最後まで犯人は明かされないまま、終わってしまった。自分なりにいろいろ推理はしてみたものの(というか、最後の袋とじヒントまで見てしまったので、ほぼ確定はしているものの)、本当にそうなのか自信がもてないまま。こんな不安定な読後感、初めて。東野さんって、たぶん数学の証明問題好きだったんだろうなあ。わたしも好きだったが、それとミステリは別物だと思っていたあたり、私はきっと推理小説の謎解きが好きなわけではないんだな、と。おそらく、彼なり彼女なりが殺人という行為に至るまでの気持ちの変化、その裏にある激情(それが“好き”“嫌い”のどちらであったとしても。両者はほぼ同意だとも思うのですが)に興味があるのだなあと。だから、アガサの作品はグッとくる。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

 
 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.