HandStoryが駄目なら「紙copi」だ!

このお題。果たしてどういうことかとご説明しますと。わたし、Palmで「HandStory」というソフトを愛用していたんですよ。これはどういうソフトかというと、ホームページをみていて「この情報をクリッピングしたい!」と思ったら、その情報を選択して右クリックし、「Palmに保存」とか「Palmにクリップ」とか選ぶだけで、それがHotSyncで自動的にPalmに転送されるというもの。とにかく「右クリックするだけでクリップできる」という手軽さがよくて、ひたすら選択→右クリックし続けていました。

 

この「HandStory」、W-ZERO3でも使いたいと思いまして、たしかPPC用もあったはずと検索してみたのですが、残念ながらWindowsMobile5.0用はいまだご用意いただいていないようで、この企てはうまくいきませんでした…。しかし、これであきらめるのはいかにも残念。そこで、なんとか別の方法でうまくやれないものかといろいろ考えてみました。

 

Webであれこれ情報収集していたところ、同じことを考えている人を発見。彼(彼女?)によると、「紙copi」で似たようなことができるそうな。これはぜひ試してみようと、さっそく「紙copi Lite」をダウンロードしてみました。そういえば以前、「紙2001」というソフトを愛用していたことがありました。そのとき、ユーザー登録もしていたんですよね。ああ、懐かしい…。

 

で、まずは実験の準備を。「紙copi」の「動作設定」に「新しい箱の作成フォルダ」という設定があります。この作成場所として、ActiveSyncで同期するフォルダを指定します。次に、「紙copi」の「箱」→「新しい箱を作る」を選び、ひとつフォルダ(箱)を用意します。これで準備OK!

 

では、試してみましょう。たとえばmixiW-ZERO3[es]コミュに「なにをインストールしますか」というトピックがあるのですが、このテキストを全選択し、右クリックして「紙に選択箇所の文字だけ取り込む」を選びます。次に、とりこむ箱を選択する画面がでるので、先ほど用意した「新しい箱」を指定します。すると、その箱の中にテキストファイルが自動生成され、「なにをインストールしますか」トピックのテキストが保存されます。ActiveSyncすると、このフォルダにあるデータはすべてW-ZERO3[es]に転送されますから、このテキストファイルも転送されることになります。パソコンの前に座って、50や100もあるトピックのコメントをすべて読むのは面倒だけど、こうして[es]に取り込んでおけば、寝る前や電車の中で、ちょっとした時間を使っていつでも読めます。[es]はネットに接続できるんだから、直接mixiにアクセスして読めばいいじゃん…という説もありますが、わたしはなんとなく、オフラインにデータを蓄積するのが好きなもので。

 

これで、「HandStory」でやっていたことがW-ZERO3[es]でもできるようになりました。細かいことをいえば、できればこういったデータは個々のテキストファイルではなく、Palmの「メモ帳」のように管理したいところではありますが(Handstoryではそれができていたのですが…)、それはまあ、我慢してもいいかな。とりあえず、パソコンにあるWebやメールやテキストの情報を右クリックだけで[es]に送り込めるようになったから、私としては大変満足です。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.