奇妙な殺人博物館(マジソンズ)


マイカ文庫の新刊「奇妙な殺人博物館」の告知ページが公開されています。本書の内容は、以下の通り。
母1人殺すために関係ない人を43人も殺しちゃったジョン・グレアム、息子を取り戻すために嫁を殺した鬼母エリザベス・ダンカン、死体を硫酸で溶かし、完全犯罪を企んだジョン・ジョージ・ヘイグ…。「事実は小説より奇なり」とはいうものの、いくらなんでもこれはひどすぎる! 2001年スタートし、一日2万~4万アクセスを誇る人気サイト「マジソンズ博物館」の人気コーナー「殺人博物館」では、実際に起こった殺人事件を写真と共に紹介しているが、今回はその中でも特に奇妙な殺人事件を45本チョイス。マジソンズメンバーであり、怪奇と戦慄のエキスパートである岸田裁月が、歴代の殺人犯をめった斬る! 果たして、あなたはこの事実を直視できるだろうか…

本書は、3月2日より「どこでも読書」「ビットウェイ」「PDABOOK」で発売される予定です。その後、「シャープセレクト文庫」「いまよむ」「パピレス」「楽天」からも順次発売されます。

発売当日まで、この告知ページは進化し続けるようです。興味のある方は、ぜひアクセスを!

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.