スーパーマンなのかもしれない

昨夜、隣に寝ている相方のおでこを触ってみたら、燃えるように熱くてビックリ。たぶん、私の風邪が移ったのでしょう。おそらく、38度~39度ぐらいあったと思う。でも本人はスヤスヤと気持ちよさそうに寝ている。たいした根性である。

で、朝になって「おはよー」と起きてきたおでこを触ってみると…ん? 熱、下がってる? 念のため体温計で測ってみたところ…37度4分。すでに微熱レベル。「え? ぼく、熱あったの?」と無邪気に笑ってる相方の顔みて、本気で彼を尊敬しました。いや、ほんと。彼の底力をみた気がする。

でも念のため今日は仕事を休ませて、病院にいくよう説得しました。本人は「なんともないのに…」と不服そうでしたが、いやいや昨日の夜、あなたの体からは間違いなく湯気出てたから。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.