チョコさん、ヘルニアか!と覚悟したら、ただの便秘だった

昨夜、寝る前にチョコがキュンと悲しそうに鳴いていた。どうしたの?と抱き上げると、「キューン!」と痛そうな声をあげて腕から降りてしまう。どっか悪いのかな?と気になったが、そっと抱き上げて頭をなでてやるとスヤスヤ寝てしまったので、私もそのまま眠ってしまった。

今朝、チョコが妙に静かなので「どうした、チョコ」と抱き上げてみると、再び高い声で「キャン!」と鳴き、飛び降る。よく見ると、歩き方も不自然。坐り方は女の子坐りで、抱き上げると痛がって、そわそわと落ち着かない。前に読んだ犬の本には、こういう症状がでたらそれは「ヘルニア」だと書いてあった。いよいよそのときがきたか…。私は覚悟を決めた。

何軒か病院に電話し、日曜診察する病院を見つけて診察してもらうことにした。上野にあるその動物病院は、町医者だけど東京大学病院と提携しているらしく、手術となればそちらで診てもらえるとのこと。いざというときは、そちらで対応してもらおう。そんなことを考えているうちに、病院に到着。思った以上に小さかったけれど、お医者さんは親切そうでほっとした。

さっそく症状を伝えたところ、チョコを抱き上げ、後ろ足を何度もベッドの上に着地させてその様子を観察した後、「うん、正常ですね」。次はレントゲン。そして血液検査。すべて終わった後、お医者さんと一緒に穴があくほどレントゲン写真を見つめたけれど、「うーん、やっぱり正常ですね。ま、あえていえば、ウンチがずいぶん溜まってますね」。

てことで、最後に坐薬をいれておしまい。帰りにはすっかり普段の様子に戻ったチョコ、家に着いたとたんウンチポーズ。どうやら坐薬の効果はあったようだ。というわけで、息子のノロ騒ぎに続き、チョコのヘルニア騒ぎで、すっかりくたびれ果てた。しかしどちらもたいしたことなくてよかった、よかった。

inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.