ヤバいぞ、インディアンカレー


昨日、「ヤバい、ヤバいよ」と噂のインディアンカレーを食べに
東京駅に行きました。

インディアンカレーって、大阪の人はよく知ってるよね?
大阪ではあちこちにあるカレーブランドなのですが、
東京には一軒だけ、東京駅付近のみ。

大阪から出てきた人は皆、「あの味は癖になる」と言って
こぞって、東京駅にあるこの店に通っているそうな。
http://www.indiancurry.jp/

しかし大阪出身である私は、まだこのカレーを食べたことがなく、
「ほな、一回くーてみるか?」
という、マイミクこだまさん(別名おばちゃん)のお誘いに乗って
昨日、初体験をしてきました。

お店はこじんまりとしていて、カウンター席のみ。
メニューは「インディアンカレー」「インディアンカレースパゲティ」
「ハヤシライス」の3品のみ。

初日ということもあり、ここはスタンダードで攻めようと思ったけれど、
「めっちゃ辛いから、卵いれたほうがいいかも」というこだまさんの
アドバイスを聞き、オプションの生卵をつけてみました。

さて、そのお味ですが、口に入れた瞬間、ふわーっと甘みが広がり、
「なんや、ぜんぜん辛くないやん」と言いかけたところ、
最後の「ないやん」を言う前に、強烈な辛さが舌を刺激します。

「わ~! から~い!」

あわててキャベツのピクルスを食べます。
いったい、さっきの甘さはどこにいったの?

その後、何度も辛い、甘いを繰り返しつつ、
どうにかカレーを食べきりましたが…

食後、店を出てみると、
口の中には、あの甘さだけが残っていました。
あれほど辛い思いをしたはずなのに、それはもう跡形もなく。

今思い出しても、不思議で不思議でしょうがありません。
あのカレーは、果たして辛かったのでしょうか? それとも甘かったの?
それを確かめるためにも、もう一度行って食べてみたいと思いました。

なるほど、リピーターが多いはず。
みんな、この不思議な食後感が忘れられないのですね。

ということで。
今週末のランチ遠足ターゲットは、インディアンカレーに決まりました。
マイカスタッフ全員で、この味と対決しにいきます。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.