大人のための音楽教室



マイミクのまるさんは、子供の頃バレエを習いたかったそうで、
その夢を、オトナになってからかなえました。

ライター業、奥様業をこなしながら、バレエ教室に通っている
彼女の背筋はスラリと伸びて、とてもきれい。

いくつになってもやりたいことは、臆せずやってよいのだと
教えてくれた人の一人であります。

小さい頃、私はピアノレッスンに通っていました。
ヤマハ音楽教室に始まり、小学校時代はピアノの先生の家に通って
バイエル、ハノン、ソナチネを習っていました。

中学に入る頃、クラブや遊び(決して勉強ではない)が忙しくなり、
自然消滅的に止めてしまってからは、自己流で好きなように弾いてばかりで、
とくに練習らしい練習はしていませんでした。

それが大学に入り、バンドをやるようになって、
改めてピアノと真剣に付き合うようになると、わからないことだらけで、
「ああ、もっとちゃんと練習しておけばよかった」と後悔することしきり。

バンドをやる仲間は、自己流で練習している人が多く、
「そんなん、いまさら」というのがおおかたの意見だとは思うのですが、
それでも私はもう一度、ちゃんと誰かに教えてほしかった。

それは、たぶんピアノの弾き方だけでなく、
どこでブルースが生まれ、どこからロックが生まれて、
ブルースやジャズのDNAを残しながら、
ロックがどのように広がってきたのかということ。

あるいは、コード進行やスケールに一定のルールがあるのであれば
その基本的な考え方や、応用方法などを覚えて、
自由自在に操れるようになりたかった。

そう思い始めた頃、タイミングよく水城先生からメールが届きました。
それは「Music Lesson for Musicians」の案内でした。

http://www.juicylab.com/piano/
http://www.juicylab.com/piano/detail.html

一回のレッスンは、約1時間。
この1時間の間に、ピアノのレッスンはもちろん、
音楽の歴史、音楽理論など、ありとあらゆることを教えられます。

あまりにスピーディで、たまについていけなくなることもあり(笑)
前回から、R-09で録音しながら教えてもらうようになりました。

改めて考えてみると、こういうことをちゃんと教えてもらえる場って
あんまりないですよね。学校の音楽でも教えてくれないし。
こういう場所が、もっとたくさんあればいいのに。

でも、現在はまだあまり生徒がいないようで、このままだと
将来的にはレッスンをやめてしまうかもしれない…とのこと。
それじゃ私が困るので(笑)、ちょっとここで紹介してみました。

名前こそ「Music Lesson for Musicians」ではありますが、
別にミュージシャンでなくても、生徒になる資格はあるようですので(笑)
音楽の基礎から覚えておこうという人や、ちょっと興味がある人は、
この機会に、レッスンを体験してみてはいかがでしょうか。

直接問い合わせるのはちょっと…という人は、こっそり私にメールを
送ってもらえれば、わかる範囲でお答えしますので。

追記:
スタジオメンバーズという会員制度があって、そこにグループで登録すると、
スタジオが空いている時間であれば好きなだけ使える(=バンドで練習できる)
というサービスもあったと思います。
バンドの練習場所を探している人は、お得かも。

ちなみに、私はそのスタジオメンバーズなので、空いている時間であれば
好きなだけレッスンが受けられるのです揺れるハート

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.