私の大好物

私が通っているピアノの先生のスタジオで、
昨夜、マイミクのマロエスト荻島さんと再会しました。

かなり以前、たしかぴゃんおばちゃんのご紹介で
初めてお会いして以来でしたが、
人というのは、実際ちゃんと話をしてみないと
どういう人なのか、わからないもので。
昨夜は、1時間という短い時間の中で、
マロエスト荻島さんの人となりを、生で見せていただきました。

彼の実際の演奏は、まだ聞いたことがなかったのですが、
こだまさんから「凄腕ギタリスト」と聞いていたので、
私の中では、すっかりバンドマンのイメージでした。
しかし、お会いしてみると、それがまるで違っていました。
(いや、ギタープレイそのものは確かに凄腕なのですが…)

いってみれば、まるで哲学者のような。
あるいは、ストイックな求道者のような。
ライブで演奏する姿より、本を読んだり沈思黙考している姿のほうが
彼には、よく似合っているような。

ええと、一番近いのは…
レッド・ツェッペリンの「狂熱のライブ」に出てきた
ジミーペイジ扮する賢者の姿かな?
ご本人がジミーによく似ているせいもあって、
そんな印象を受けました。

最初の印象とのギャップ効果もあり、とにかく強烈なインパクトで。
またおもしろい人を、ひとり見つけてしまったぞと、
お話を聞いている間、ずっとドキドキしっぱなしで。
それから家に帰るまで、私はすっかり上機嫌。

それでわかったんですが、
私の一番の好物は、やっぱり人に会うことなのですね。
人に会って、話を聞いて、興味を惹かれたり好奇心を刺激されたりすると
どうしようもなく、機嫌がよくなるみたいです。

ということで、ひとつ来年の目標を決めました。
来年は、もっとたくさん人に会って、いろんな話をするぞ!
マイミクの皆様、どうかこんな私に、来年もお付き合いくださいませね。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.