水天宮で腹帯をもらう




 息子の奥さんが、妊娠五ヶ月に入った。ひどかったつわりも、少し収まってきたようだ。ということで、安産祈願のために水天宮まで出かけた。新型インフルエンザ最盛期ということで、ハイリスクの妊婦を外に連れ出すのは勇気が必要だったが、できるだけ大勢の人の近くにいかないように気を配りつつ、無事腹帯を購入。

 お参りの後、ジョナサンで食事。これまでのこと、これからのこと、いろいろ話した。まだ学生のような二人だから、親になるのはさぞ大変だろう。でも、誰だってそうなのだ。子供と一緒に成長しながら、いつの間にか親になっていくものなのだ。だから、きっと大丈夫。回りには、二人を愛してくれる人がたくさんいるのだから。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.