自分の人生と真摯に向き合う勇気

 夜、懐かしい人が来社。元ライターのIさんで、今は新宿にお勤めされている。ライター時代、彼の文章は秀逸だった。彼の原稿を読んでいていつも思うのは、「この人は文章を書くことを楽しんでいるな」ということだった。多忙なプロライターは、不備のない文章を執筆することに集中しがちで、これが高じると「やっつけ仕事」になってしまう傾向にあるが、彼の場合はそうではなかった。どんなに忙しくても、いつも「読んだ人がどう思うか」「より分かりやすくするにはどうしたらいいか」という点に気を配り、いろいろ工夫する人だった。

 彼の今の職場は、その彼の特性が生かせる職種だそうで、楽しく仕事をされているらしい。でも彼の中には、常に「もっとなにかできるのではないか」という気持ちがある。そして、今もその可能性を探している。私はその話を聞いて、彼を「真摯に、誠実に自分の人生と向き合っている人だ」と思った。それはきっと、とても勇気のいることだろう。でも、きっとほかに選択肢はない。彼はこれからも、そんなふうに生きていくのだろう。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.