本日、飾り窓の女になります

 横浜の黄金町って、ご存知ですか?
 知っている人にとっては、「あ〜。あの…」で言葉を濁したくなるような、そんなイメージなのかもしれません。いわゆるダークサイド。

 阿川大樹氏曰く、「横浜市に生まれた人なら「あの町には行ってはいけない」と言われて育った町、黒澤明の『天国と地獄』では麻薬の町として描かれ、わずか数年前まで200軒を越す違法売春飲食店(いわゆる「ちょんの間」)が立ち並んでいた」町だそうで(その頃の町の様子はこちらをどうぞ)。

 

 しかしこの町が、今ちょっとおもしろいことになっています。
 行政が違法売春飲食店を撤去し、その場所に建築したスタジオをアーティストたちに提供して、新しく「アーティストの町」として生まれ変わろうとしているのです。そう、町おこしです。

 まぁ、見てみれば分かると思いますが、それはちょっと不思議な光景です。売春飲食店はどれも、幅が狭くて背が高い。それがことごとく、ガラスを多用した明るいスタジオになっているのですから。川に面した道にずらっと並ぶスタジオを見ると、まるで日本ではないみたい。

 この場所で、「仕事風景を見せる作家」というパフォーマンスをしているのが、作家の阿川大樹さん

agawa.jpg

 私は本日、この方に誘われて、黄金町ストーリースタジオ「飾り窓トークスタジオ」のパーソナリティ、「飾り窓の女」になります。

●9月22日(祝) 飾り窓トークスタジオ (ライブイベント)
●会場:黄金スタジオE
●参加費:無料
●パーソナリティ
 井上真花 (podcaster) / 阿川大樹 (小説家)
●ゲスト  岩田瑞穂
●放送時間
 #1 13:30 -
 #2 14:30 -
 #3 15:30 -
●内容
黄金スタジオを放送スタジオに見立てて、大岡川ストリートに向けて、公開生放送の実験をします。

 もし本日お時間ございましたら、不思議な町おこしをしている「黄金町」と、そこでパフォーマンスをしている不思議な作家「阿川大樹」さん、飾り窓の女とその娘(ゲストは私の娘だったりします…)をぜひ見に来て下さいませ。

 そしてライブの帰りには、ぜひ「LCAMP」にて「いつでも食べられるモーニングセット」を! これがもう、絶品! 手作りパンも、一杯ずつひきたての豆でいれるコーヒーも、丁寧に焼かれたソーセージやアレンジのきれいなサラダも、どれもこれも驚くほど美味しいです。しかも値段が、たったの 650円! トークスタジオの近くにあるので、ぜひおたちより下さいませ。

agawa.jpg

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.