少子化対策の主役は「国」ではなく「親と子」

年々少子化が進む日本。人口減少という問題に対して、どのように取り組むべきなのか。内閣府が設けた「少子化危機突破タスクフォース(第2期)」にも参加した池本美香さんが、日本総合研究所の勉強会で発表した見解を紹介します。池本さんは政府が進める「人口減少の恐怖感をあおるやり方」は世界的に見ると常識外れだと訴えます。そこには「当事者が共感できる」「子どもや親がハッピーになる」視点が欠けているというのです。
これからの日本の少子化対策はどうあるべきか。「少子化危機突破タスクフォース(第2期)」で話し合われたことを踏まえて、勉強会で池本さんが解説した内容をダイジェストでレポートします。

 

dual.nikkei.co.jp

f:id:mica:20181206073951j:plain

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.