日常生活に潜む危険、子どもにどう教えればいい?

犯罪や事故、災害などで、子どもが被害者になってしまうことがあります。子どもをリスクから守るために、親は何をすれば良いでしょうか。前回の記事(「連れ去りや性犯罪被害に遭う子どもの低年齢化が進む」)では、『こどもあんぜん図鑑』(講談社)の監修者で、危機管理アドバイザーの国崎信江さんに、最近の犯罪の傾向とその対策について伺いました。今回は、生活上の事故や災害など、普段の生活の中に潜んでいる危険についてお話を伺います。

dual.nikkei.co.jp

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.