「怪しい人に気をつけて」が子どもを危険に巻き込む

 日本は世界でも安全な国だと言われています。しかし「残念ながら犯罪防止に必要な知識は欧米に比べ少ない」と言うのは、ケンブリッジ大学で犯罪学を学び、全国の学校で防犯教室を開いている立正大学の小宮信夫教授です。
 例えば「怪しい人についていかない」「怪しい人が近づいてきたら大声で叫ぶ」と言われますが、そもそも「怪しい人」ってどんな人でしょう? 犯罪が起こった後、テレビで「そんな人には見えなかった」と隣人が答える映像がよく流れますが、隣人でも「怪しい人」かどうか分からなかったのに、それが子どもに分かるのでしょうか。怪しい人が誰だか分からなければ「ついていかない」ことも「大声で叫ぶ」こともできません。
 親が子どもに教えるべき大切な知識は、もっと別のところにあるのです。
 この連載では、これまで実際に起きた事件を検証しつつ、子どもが犯罪被害に遭わずに済むための具体的なテクニックについて、小宮教授に解説してもらいます。また、記事の最後には、毎回、親子で実際にやってみてほしい課題を掲載します。記事を読み終わったら、ぜひお子さんと一緒にチャレンジしてください。
 初回である今回は、防犯訓練に取り組む前に知っておくべき基礎知識について、小宮教授に聞きました。

dual.nikkei.co.jp

 

f:id:mica:20150526174449j:plain

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.