竹村牧男 「信仰と宗教について考える」(哲学カフェ)

いやいや、多すぎるでしょう。カフェのキャパを超えていたと思います。

t-cafe.hateblo.jp

竹村学長がゲストスピーカーに立つと、毎回かなりの人数が集まる。たしか前回も50名超えだったような。竹村学長の力、恐るべし。

竹村学長のお話はとても素晴らしかった。私が聞きたかった「鈴木大拙が語る自分とは」というテーマを、とてもわかりやすく説明されていた。

▼当日配布されたドキュメントはこちらにあります。興味のある方はご覧ください。

テーブルトークについては、私が参加したテーブルに関して言うと、今ひとつだったように思う。その原因は、ひとえに私のファシリテーター力不足によるものではあるが、人数が多すぎたのも問題だったという気がする。やはり1つのテーブルに9名は多すぎた。十分話を深めるには、多くても5名が限界だろう。次回以降、解決していきたい部分である。

f:id:mica:20171225144512j:plain

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.