個性や人格は、いったい何でできているのか

夜中にふと思いついたのでメモ。

 魂だけを取り出せば、誰だってきっとさほど変わり映えはしないだろう。

ところが身体を持った途端、話は違ってくる。身体には知覚があり、外部からの刺激を認知する感覚があるから、それを介して世界を認識しようとする。これが環世界。

それに加え、さまざまな体験から、“リスクを回避し、うまく生きる”パターンを学習していく。人によって経験は違う上、認知も違うものだから、そこから独特の思考(スタイル)が出来上がる。

多くの人が、それを「私のキャラクター」だの「私の個性」だの「私の人格」だのと呼んでいる。しかし、なんのことはない。複雑な要因がお互いに因果関係をもち、そこから生まれた枠組みでしかないのだ。

そんなものに価値があるとし、「自分らしく」なんて言っていること自体、ナンセンス。そんなものに固執せず、むしろ「へぇ、私ってそんな風に考えるんだ」なんて思えるようになったほうがいい。

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.