塚本牧生 リナザウのヘビーユーザーに聞く

モバイル黎明期に誕生した「PDA」をふりかえり、未来へのヒントにつなげる本連載。PDAとは、「Personal Digital Assistant(あるいはPersonal Data Assistant)」の略称。主に、スケジュールやToDo、住所録、メモなどのPIM(Personal Information Manager=個人情報を管理するソフトウェア)を携帯するために使われていた、モバイル端末のことを示す。

1980年代から1990年代に流行した電子手帳も、PIMを管理する目的で作られた。文字通り、「電子」の「手帳」として、ビジネスマンが予定や住所録を管理するのに使っていたものだ。このとき、シャープから発売され、その後PDAに進化したのが「ザウルス」である。

ザウルスには3シリーズあり、ひとつは1993年に発売された8ビットCPUとモノクロ液晶のPIシリーズ「液晶ペンコム」。その後、1996年に発売されたのは、32ビットRISC CPUとカラー液晶の「MIシリーズ」(俗称、カラーザウルス)だ。

そして2002年に発売されたのが、OSにLinuxを採用した「SLシリーズ」(俗称、リナザウ)。PIシリーズやMIシリーズとソフト面での互換性がなく、一線を画したモデルとして話題になった。

今回、連載に登場するのは、SLシリーズを愛用し、「ハッキングLinuxザウルス」(ソフトバンククリエイティブ刊。初版2004年)の共著者でもある、塚本牧生氏。塚本氏によれば、「PIMを管理するためのPDAは必要なかった」という。当時、塚本氏がPDAに求めていたものについて、話をうかがった。(※聞き手=PDA博物館初代館長 マイカ・井上真花)

f:id:mica:20181205163036j:plain

kakakumag.com

inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.