以前、インタビューされたことがあったという話(HP100LX)

仕事で日経 x TECHというWebサイトを見ていたところ、昔、私が取材された記事を発見。伊藤浩一さんが執筆されていた。

井上真花さんとお会いすると、必ず手元にあるのがPDA端末の「HP100LX」です。「HP100LX」は、1993年に米ヒューレット・パッカードから発売されたPC/XT互換機アーキテクチャのパーソナルコンピューターです。多くの有志により、小さな端末をDOS/C化して日本語化され、さらにはモデムカードで通信端末としても利用できてしまう、という当時の“スーパーモバイルマシン”でした。

 この「HP100LX」を使い続ける井上真花さんが、今のiPhoneやAndroidによるスマートフォンブームをどう感じているのか、是非、お聞きしたくて、今回のインタビューとなりました。ご覧ください。

2011年2月の記事だが、この頃はまだHP100LXが健在で、私はそれをしっかり使っていたのだなと感無量。PDA博物館の成り立ちについても書かれていて、初心を思い出した。

tech.nikkeibp.co.jp

inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.