残りの人生が残り5分と知った時、人はスマホの画面を見るだろうか

https://www.instagram.com/p/Bs6xfCKAQRV/

電車に乗っていて、ふと思ったこと。残りの人生が残り5分と知った時、人はスマホの画面を見るだろうか?それとも、スマホの画面から目を上げて世界を見るだろうか? 

そんなことをFacebookに書いてみたところ、数人の方からお返事がありました。最期を迎える瞬間の過ごし方は、人それぞれ。

 

1. スマホでネットにアクセスする派

  • 「世界が終わるわけでないなら、5分であちこちに書き捲りますね」
  • 「残りの人生が残り5分と言うことはおそらくスマホから得たので、どういうことなのか検索したりしているうちに5分経っちゃう。ゆえにスマホの画面を見たまま」

2. 連絡したい人がいるのでスマホを使う派

  • 「5分では会いに行ける人が限られるし、たいていの時間、5分で会いに行ける場所に大切な人はいないので、スマホですかね」
  • 「遠く離れた人と連絡とりあうためにはスマホも見ちゃうかなぁ」

3. スマホ画面から顔をあげる派

  • 「やはり、世界を見てしまいそう」
  • 「私は顔をあげて家族と会おうとするかもです」

4. 目を閉じる派

  • 「私は最後の5分にスマホを見ないでしょう。目を瞑ると思う」
  • 「あと5分と正確に告知されたら、屋内なら寝床の上で、屋外なら地面なりの上で、仰向けに横になり目を閉じ静かに瞑想に耽ります。

写真は、4年前のチョコとマロ。ありがたいことに、今日も2人とも元気です!

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.