Mandalartを使って思考を深めていく一番簡単な方法

 私はここしばらくMandalartというアプリをiPhoneのドックに入れている。

MandalArt

MandalArt

  • Hiro Art Directions,Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

もともとPalmで「iMandalart」というアプリを使っていて、それがiOSに移植されたので、引き続き使っていた。

ただ、正直これをうまく使えているとはいえなかった。その一番の理由は「MandalArtになにを書けばいいかわからない」ということ。MandalArtが思考を深めるのに便利なツールと言うことは知っていたのだが、そもそも「なにを考えればいいか」がわからなかったのだ。MandalArtを使いたい気持ちはあるのだが、アプリを開いて「はて?」と指が止まってしまう。

そこで、Facebookの「Cafe MandalArt」というグループに入り、ほかの人がどう使っているのかを参考にすることにした。そのなかのメンバー、松田さんという方が非常に興味深い使い方をしていたので、お会いしてお話をお聞きしたところ、「なるほど!」と腑に落ちることが多くあり、さっそくマネをすることにした。

その松田さんが、先日Facebookに書いていた文章を以下に引用する。

マンダラートがいくらシンプルに設計されていても、アプリとしてはiPhoneの中の一つのアプリでしかありません。ダウンロードしてもたくさんのアプリの中に紛れてしまいます。

だからこそ、トップ画面の一番下にマンダラートアプリだけを置くことを提案しました。目につくからです。これが一つ目。

二つ目に大事なのは、その他のメモアプリや紙のメモやノートの類を使わないことです。全部、処分することです。

これには心理的な抵抗が大きいようですが、これをやらないと、マンダラートへのパラダイムシフトは起こせません。わたしはそう感じています。

ですから、わたしはどこかのセミナーに行っても持っていくのはiPhoneだけ。ペンすら持っていません。パソコンもほとんど持ち歩かなくなりました。

閃いたことはマンダラートにメモるだけです。メモやノートを使わなくなれば、必然的にマンダラートだけを使うようになります。

 私が今、実践していることがこれである。どういうことなのか、以下、画像付きで解説してみよう。

f:id:mica:20190211090044p:plain

MandalArtのアイコンはここへ!できればドックに1つだけ入れる

 

f:id:mica:20190211082105p:plain

Mandalart画面。一番上にある「今日」に注目。今日のメモや日記はすべてここに書きこむ。

f:id:mica:20190211082159p:plain

「今日」のセルをタップすると開く画面。中心に在る「今日」のまわりにある8つのセルに、今日のメモや日記を書きこむ

f:id:mica:20190211082250p:plain

8つのセルのなかに気になること(深く考えたいこと)があれば、それをタップ。考えながら思いついたことを次々とまわりのセルに書きこんでいく。さらに気になる言葉が出てきたら、そのセルをタップしてまた8つのセルに関係する言葉を書きこんでいく。この繰り返しによって、思考が深まっていく。

f:id:mica:20190211082439p:plain

明日以降もこれについて考えたいと思ったら、セルを画面下にドラッグしてこの場所に入れる

f:id:mica:20190211082630p:plain

下に入れたセルをシートの上にドラッグすると、独立したセルとして保存される。ここにおいておけば、いつでもセルが確認できるので継続して考え続けることができる

この使い方の肝は、「日々の生活のなかで気づいた、気になったこと(=違和感)をすぐに(一カ所に)メモする」という点。これを松田さんは「違和感をフックにする」といっていた。確かに、この方法を実践すると「なにを考えればいいか」ということが見えてくる。そのあと、MandalArtに書き、セルの順番を入れ替えたり、つなげたりしていくうちに、考えていたことが自然とつながっていく。松田さんによると、この動きが「脳の働きにとても似ている」というのだ。

もう1つのポイントは、セルが8つあるということ。セルが空いていると、なんとなく埋めたくなるのが人情というもの。この「セルを埋めたくなる」という欲求を利用し、なにかしら書きこんでいくうちに、自分の心の中に潜んでいる違和感を見つけ出すことができるのだ。

私と同じ悩みを抱えている方は、ぜひこの方法を試してみてほしい。きっと自分の頭の中にある課題が見えてくるはずだ。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.