振り返れば、実はまっすぐな一本道だったと気づく

母の法事に参加するため、6月20日から22日まで実家・天草に帰っていました。そのとき、父から見せられた3年前の新聞の切り抜き。500人以上インタビューした方のコラムです。つまり、私にとっては大先輩! これだけのインタビューを重ねた大先輩が断言した次の言葉は、まだ若干数しかインタビューしていない私も、ちょっとだけ感じていたことでした。

 500人以上の取材でわかったことは、例外なくどんな人にでもドラマがあり、ターニングポイントがあるということ。そして、意外にも本人はそれに気づいていないということです。

 取材を進める過程で「自分も忘れてしまっていたことを改めて思い出した」との反応もたびたびで、物語の核心を掘り起こす楽しさもありました。

 さらに痛感したのは、自分の計画通りに実現する人生など皆無だということです。

 長く生きていれば、どんなに思い通りに物事を進めようとしても、予測出来ないことが起きます。いいことも、悪いことも両方巡ってきます。

(中略)

 振り返れば、どんな経験も無駄になってはおらず、実は、まっすぐな一本道だったと気づかされました。

 

 

 

f:id:mica:20190624230552j:plain

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.