この夏、「パーム航空」の「機長」にまた会える!近日いろいろお届けします。

f:id:mica:20190812204554p:plain


パーム航空

Palmユーザーなら知らない人はいない。この夏、またあの人に会えますよ! なんてったって、私、インタビューしてきましたから!

少しフライングして告知してしまい、ゴメンなさい。来月、某媒体(多分みなさんのご想像通りの媒体です)と、ここの「1000人に会いたい」プロジェクトに登場します。久しぶりにお会いした彼は、全くお変わりないご様子。相変わらず、身振り手振りを交えながら、エネルギッシュにお話してくださいました! 今回、特別に彼の近影をちょっとだけお見せいたしますね。

機長! あなたにまた会えて嬉しかった!

来月の記事を、どうぞお楽しみに! ……と、その前に。予習復習をかねて、彼の著書をぜひご一読下さいませ。

Palmを巡る
さまざまな男たち、女たちの物語!

発明家を父に持ったオチコボレ学者がいる。
ひたすら夢を追いかける女性起業家がいる。
その体に流れる血に葛藤したアメリカ人技術者がいる。
人生にもがき続けた日本人のサラリーマンがいる。
…その他、
目の前の現実と戦いながら、
いつ来るともしれない未来を掴もうともがき続けた
男たち、女たちの物語。

多くの人々がその人生を賭けたPalmとは
いったい何だったのか?
そして、彼らはPalmにいったい何を託したのか?

この本は技術書ではない。
ハウツー本でもない。
これは「物語」である。

Palmという小さな機械を巡る人間たちの
惨めで、必死で、愉快で、感動的な
「ドラマ」である。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.