エロとデジタルの関わりを研究するライターが求めた「究極のモバイル端末」とは

kakakumag.com

PDA博物館の最新記事、今回登場するのは、アダルトメディア研究家で、「日本エロ本全史」(太田出版)の著者でもある、安田理央さん。実は私と彼は古くからの友人で、そのきっかけは「コミュニケーションパル」。……といっても、マニアックすぎて、ほとんどの人が知らないはず。こんな端末です。

このケーブルを携帯電話に差し込めば、どこでもネットにつながってメールを読んだり返事を出したりすることができた夢のガジェット! ……なぜかすぐに使わなくなった気もしますが……。

この「コミパル」を使っていたのが、安田さん。たしかmixiのグループでそんな話をしたのがきっかけで、お友だちになったのだと思います。

その後、DP-211やリナザウなど、私が飛びついた端末にほぼもれなく飛びついていた安田さん。きっとモバイルに求めるツボが同じなんだなあと、ずっとシンパシー感じていました。

今回、改めてじっくりお話をきき、やっぱりそうだったと再確認。彼の発言の一言、一言に、首がちぎれるほど頷いてしまった私でした。

お話の詳細については、リンク先の記事をご覧ください。 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.