なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

PDA博物館、「くりすたるあーと」に続き「丑や」のインタビュー記事を書いたのでご紹介します。

「丑や」の安田さんも京都にお住まいで、しかも本業は呉服屋さんだとか。くりすたるあーとの林さんは友禅作家さんですし、もしかして美しいPDAケースのベースには日本の和服文化があるのかしら……なんてことを思ってしまいました。

丑やさんのケースに対するこだわりは「かっこいいこと」。そのこだわりを具現化したケースの数々、ご覧ください。

CLIE UX-50のケース

 

IXY DIGITAL用ケース
これもIXY DIGITAL用ケース
CLIE TH55のケース

ケースのお店を運営しながら「PDAはケースをつけて使うもんじゃない。ケースをつけて、使いやすくなるはずがない」と断言する丑やさん。そんな丑やさんが、なぜケースを作っているのか? その謎を知りたい方は、ぜひリンク先の記事をご覧下さいませ!

なぜ、「丑や」の本革PDAケースは人気だったのか? スマホになくてPDAにあった情熱とは

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.