43インチテレビをM1 Macの外付けモニターとして使う

とあるお仕事でM1版MacBook Proが必要になり、13インチを入手しました。その仕事が一段落し、ようやく普段の業務に使えるようになったので、いろいろ試しているところです。

M1版MacBook Pro(以下、M1版Mac)は、噂に違わずとてもパワフルで、2014年版MacBook Proと比べると、スピードに雲泥の差があります。たとえばOfficeアプリやAdobeアプリを使う際、これまでのMacBookだとアイコンをクリックしてアプリが開くまでにメールが1本書けるぐらい時間がかかりました。ところがM1版Macは、アイコンをクリックしてひと呼吸つく間にアプリが開きます。このスピードを知ってしまった今は、もう二度と以前のMacBookには戻れません。

そこで全面的にM1版Macに乗り換えようとしたのですが、困ったことがひとつ。これまで15.4インチ画面で作業していた私にとって、13インチというサイズは少し手狭に感じます。外付けモニタを用意することも考えたのですが、M1版MacにはHDMIポートがなく、使えるのはTypeCポートのみ。

さてさてどうしようかとあたりを見回したところ、我が家の4K対応テレビ(43インチ)にTypeCアダプタが刺さっているのを発見。冗談まじりに「ここに挿したらモニターとして使えたりして」なんていいつつ試してみたところ、当たり前ですがテレビ画面にM1版Macの画面が映し出されました。

その画面をみて、びっくり。以前、別のMacをテレビにつなげたときは、エッジがぼやけて文字もよく読めないような状態でした。ところがM1版Macだと、文字もアイコンもクリアに見えます。試しにブラウザでYouTubeを開いてみたところ、まるでテレビ番組のごとく美しい映像で再生されました。

さらに驚いたことに、マウスでカーソルを操作してもほとんどラグがなく、すいすいと思ったように動きます。これなら、Bluetoothのマウスとキーボードがあれば、冗談じゃなく本気でテレビがM1版Macの外部モニターになりそうです。43インチのモニターって、ちょっとどうなの?と思わなくもないですが…。それにしても、ほんとにすごいんですね、M1版Macって。実力を思い知りました。恐れ入りました。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.