キッチンカウンターをスタンディングデスクにする

最近YouTubeの「クリスの部屋」チャンネルに凝っていて、片っ端から見ています。で、先日見たのがこれ。

ここで解説されているのは、テレワークでも集中して仕事をする方法。クリスによると、5つのポイントがあるそうです。そのポイントとは、こちら。

それぞれの説明については動画を見てもらいたいのですが、今回注目したのは、「立って作業する」という点。この動画では、その効果についてあまり説明されていないのですが、この1年ずっとスタンディングデスクで仕事をしている夫によると「仕事を始めるときにすっと入れるし、集中できるし、腰痛にならない」とのこと。

では私もやってみたいと思ったのですが、以前の記事で紹介したとおり、わが家は1LDKなので新しいデスクを導入するスペースが確保できません。そこで、クリスが紹介しているこの方法を試してみることにしました。

「もしスタンディングデスクがないのであれば、最初はこういったカウンターを使ってキッチンで仕事をするというのでもいい」(クリス)

そういえば、私が今使っているダイニングテーブルの向こう側にはカウンターキッチンがあります。じゃ、そこにパソコンを置けばスタンディングデスクとして使えるんじゃないか? そう思ってやってみたのですが、残念ながら若干位置が低すぎる……。

ということで、高さが調節できるPCスタンドを導入することにしました。カウンターにこのPCスタンドを置けば、いい感じのスタンディングデスクになるはず! ということで、やってみました。

TRUNIUM ノートパソコンスタンド(3980円)

どうでしょう、これ。かなりいけてるのでは? 座って仕事したいときはダイニングテーブル上のM1 Macを使えばいいし、立って仕事をしたいときはカウンター上のMac Bookを使えばいい。どうせデータはすべてクラウドにあるのだから、どちらで作業をしていても大丈夫だし、途中で切り替えてもすぐに作業が引き継げます。

こちらの記事で書いたとおり、この場所はリビングのほぼ中央にあるため、仕事が終わったらパソコンやスタンドをサイドキャビネットの中に片付けなければなりません。「それは面倒」と思う人もいるかもしれませんが、PCを片付けることでオン/オフが切り替えられるというメリットもあります。

広いモニターで作業したいときは、テレビにつなげて使うこともできますしね……笑。

私のように「家が狭いから専用の仕事場は用意できないけどスタンディングデスクを使ってみたい」という人は、キッチンカウンター式を試してみてはいかがでしょうか?

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.