今のうちに知っておきたいハザードマップのこと

f:id:mica:20200919001656j:plain

先週末、テレビで何度も衝撃的な映像を見た。熱海の土石流災害の動画である。私はテレビより先にTwitterで同じ動画を見ていた。そのとき、あまりにも非現実的だったので、「これ、いつのこと? 本当に起きたこと?」と思ったが、残念ながら本当に起きたことだった。

この災害から、一気に注目を集めているのが「土砂災害警戒区域」。熱海は土砂災害警戒区域だったが、実は全国66万箇所が土砂災害警戒区域とのこと。

news.yahoo.co.jp

自宅や学校、会社がある場所はどうなのか、気になる人は多いだろう。こういうときに必要なのが、ハザードマップ。各自治体がホームページで公開しているのでチェックしておきたい。

しかし、自宅付近のハザードマップだけ知っていれば大丈夫……というわけではない。私の友人は、週末たまたま箱根の知人の家を訪問していたが、夜中に土砂災害警戒情報が出て驚き、翌日、帰宅。なんとか無事に帰ることができてよかったが、反省点があるという。

ハザードマップは、事前によく見ておかないと、土地勘のないところで慌てて見てもよくわからない。私は、かなり地図を見慣れている方だと思うが、特に、災害情報が出てからだと、地図に色がついてしまい、普通の道や地名がとても見難くなる。そのために、特に山や海などの近くに行く時は、必ずハザードマップを「事前に」見ておく必要がある。恐らく、見るために必要な時間は5分とかからないだろう。

彼は気象予報士/防災士なので、ハザードマップなどは見慣れているはずなのに、それでも情報にたどり着くのに時間がかかったそうだ。日頃から知っている場所ならまだしも、土地勘のない場所だし、そもそも自分が今いる場所がパッと見てわからない。

なるほどと思い、早速、全国のハザードマップを調べてみることにした。そのとき見つけたのが「わがまちハザードマップ」というサイト。ここだけで全国のハザードマップが確認できるという。便利なのでブックマークしておこうと思う。

disaportal.gsi.go.jp

スマホでいつでもチェックできるようにするには、この方法が便利。念のためこれも用意しておきたい。

ハザードマップポータルサイトのパンフレット(ハザードマップポータルサイトをスマホのアイコンへ登録する方法)

スマホに「NHK防災」アプリを入れておくのもよい方法。このアプリには「マップ」というタグがあり、そこをタップすると、現在地を取得してさまざまなハザードマップを表示する。

f:id:mica:20210705120003p:plain

 

www3.nhk.or.jp

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.