天才哲学者マルクス・ガブリエルが語るコロナ後の未来と倫理【報ステ×未来を人から 完全版】【未来をここから】【Markus Gabriel】

f:id:mica:20210719072437p:plain


www.youtube.com

報道ステーションで放映されたマルクス・ガブリエルの動画があったので視聴。以下、内容のメモ。

Q ガブリエルが見た日本の印象

  • 日本は組織化されている。自由に対する制約がある。ソフトな独裁主義。
  • 日本は精神性が可視化されている国。お互いの気持ちが手にとるようにわかる。

Q コロナ前の世界に戻れる?

  • コロナ前の世界は良くない。人間は開発を急ぎすぎた。戻るべきではない。
  • 自然からの訴え。経済を再構築する必要がある。
  • コロナ禍で儲けた人がいる。その利益を分け与えるべき。
  • 富は「良いこと」をする可能性。その富で人を助けることができる。
  • カントの「倫理資本主義」
  • 「司法制度の機能は道徳的構造によって推進されるべき」
  • 国同士も同じ。自国の得意なこと、他国の得意なこと、互いにシェアしあえば共に豊かになる

Q SDGsで儲けている人もいる

  • SDGsに取り組む動機はどうでもいい。悪魔でも法律を守ればいい。
  • SDGsは経済的発展に貢献する。その後、10年、20年とビジネスが続けられることになるから。
  • 各社に、税理士同様、倫理学者や哲学者を置くべき。倫理アドバイザーは利益を上げられるのだから。

Q オリンピックについて。国民は安全・安心に納得していない

  • 政府と国民は、互いに理由を提供し合うことが必要
  • 片方の利益を優先させた形で実行するのはリーダーシップが欠けている

Q 今後の世界

  • 人類はもっと連携すべき
  • アメリカも中国も世界を征服できるほどビックではない
  • 同盟を組んだほうが豊かになれるだろう
  • パンデミックによって、不可能なことはないということがわかった
  • 倫理や哲学が勝つ世界になる。子どもが溺れたら助けなければならない。その子どもがどの国の子どもでも関係ない。そのことを学ぶべき
  • 日本のように、人の思いを感じ取れる世界を作っていく

Q 民主主義の限界?

  • 自由民主主義はよい選択
  • ロックダウンは民主主義ではないが、ワクチンは民主主義
  • 中国の対策はプロパガンダ

Q 貧困層にどう話しかける?

  • 彼らは制度の上で貧困になった。彼らのせいじゃない
  • 私たちは日本やドイツに生まれてラッキーだった
  • ラッキーじゃなかった人たちに借りがある。彼らを助けて、彼らに助けられる
  • 一緒に達成していかなければならない

Q 若い世代に伝えたいこと

  • 会社や家族、リーダーに「良いことをしてほしい」と頼んでほしい
  • 子どもに選挙権がないのは恥ずべきこと
  • 自分の未来を守るため、大人に訴えてほしい
 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.