早朝、マロは虹の橋を駆け抜けていった

f:id:mica:20210819054958j:plain

今朝5時に目覚めて、二度寝しようかと思って目を閉じたが、頭の中がスッキリしていたのでえいやっと起きてみた。

最近、例の井上新八さんの習慣に倣い、朝起きたらすぐにベランダに出て空の写真を撮ることにしている。今日で10日目だ。ブラインドを上げ、扉を開いたとき、目に飛び込んできたのは大きな虹だ。

そういえば昨日、マロを火葬する前にどしゃぶりの雨が降り、そのあとすぐに晴れたから「虹が見えるかも」と思ったんだけど、残念ながらわが家の窓からは見えなかった。「窓の方角が悪いね」とガッカリしていたが、まさかこんな形で虹が見られるとは。

慌てて夫を起こし、ふたりでベランダに立ったら虹が二つになっていた。「こんなサプライズあるんだね」と手を合わせる。

「犬は亡くなったあと虹の橋を渡る」と聞いている。「きっとあの橋をマロが渡っているのだろう、2つあるのはチョコの分かな」と話していたら、2つの虹の間に白い雲がふたつ仲良く並んだ。チョコとマロが嬉しそうに走っているように見えた。

「心配することはないね。ふたりとも幸せそうだ」と、虹に向かって手を振った。

8/20追記:

なんと井上新八さんもこの虹をご覧になっていた様子。ありがとうございます、井上さん。井上さん(の習慣記事)のおかげでマロの虹の橋を目撃することができました!

shimpachi.hatenablog.com

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.