向田邦子さんと坂本九さんの飛行機事故に関する誤解

f:id:mica:20210929094335j:plain

テレビのニュースに向田邦子さんが出て、ふと思ったこと。向田邦子さんと坂本九さんは同じ飛行機事故で亡くなったと思っている人が多いようだが、実は違う飛行機事故だった。向田邦子さんは遠東航空103便で、坂本九さんは日本航空123便。事故が起きた時期も4年ほど隔たりがある。

▼向田邦子さんの事故

ja.m.wikipedia.org

▼坂本九さんの事故

ja.m.wikipedia.org

では、なぜこの2人は同じ飛行機事故で亡くなったと思われていたのだろう? 実は私も長い間、同じ飛行機だと思っていた。私はどうしてそう思ったんだろう? 疑問に思い、そのことをFacebookとTwitterに書いたところ、さまざまな反応があった。

まず、Twitterではこんな声があった。

ずっと同じ飛行機だと思ってました。もしかしたら懐かしのスター等の番組があると同じような括りで放送されるからでしょうか。

別の方からは、こんな意見も。

数年開きがあるんですけど、今となってはなんでしょうね。昭和がそれだけ遠くになったということでもあるのかもですね。お二人にピンとこない世代からすればどちらも昭和に活躍した人 という括りでしかないので。

Facebookでも似たような意見が多かったが、私はモロにオンタイム世代なので、これには当たらない。むしろ「オンタイムなのになぜそう思ったの?」という疑問が多く寄せられ、自分でもその理由がよくわからず、どんどん泥沼にはまっていった。

そんななか、こんな情報が。

マンデラエフェクトと言うものらしいです

マンデラエフェクトという言葉は初耳だったのでWikipediaで調べてみたところ、「マンデラ効果(マンデラこうか 英: Mandela Effect)とは、事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有している現象を指すインターネットスラング、およびその原因を超常現象や陰謀論として解釈する都市伝説の総称である」と書かれていた。

本件は、まさにそんな現象のように見える。こんな言葉があるくらいだから、ほかにもそういう事故や事件があったようだ。しかし、多くの事件や事故はそうではない。では、何故一部の出来事にだけマンデラエフェクトが起きるのか? Wikipediaには「怪奇現象」と書かれていたが、そこになにかしら共通の理由があるのではないか?

たとえば、一世を風靡した「ノストラダムスの預言」のように、ひっそりと人々の心の中に入り込んだ情報ソースがどこかにあるとしたら? 

その後もさまざまな推理、仮説が寄せられて、私のFacebook投稿はとてもにぎやかになった。たとえばこんなの。

話題性の高い事案があると、それに似た事案の記憶を飲み込んでしまうような感じですね。例えば最近では、小田急の刺傷事件と白金高輪の硫酸事件を混同している人を確認しています。心理的な負担になるような情報はまとめてしまう無意識の反応なんじゃないでしょうか。

こういうものも。

関連ドラマはほぼ観てますが、さすがにそういう「大誤報」はなかったです。ドキュメンタリーはすべては観ていませんが、むしろドキュメンタリーが間違うとはちょっと考えにくいです。ノーチェックなネット記事が火元じゃないかと思うのですが。

これについて、当時はまだネットは普及していなかったが、何年も経ったあと、そういった誤報を流したネット記事があったということは大いにありうる。私自身、そういう記事を見て自分の記憶を塗り替えたのではという気がしてきた。

それにしても、このテーマはとてもおもしろく、興味が惹かれる。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.