日経新聞「買い物上手」で最新サーキュレーターをレビュー

日経新聞「プラスワン」の「買い物上手」を執筆しました。今回のテーマは「サーキュレーター」です。

サーキュレーターと扇風機はよく似ていますが、使う目的が違います。扇風機は人に風を当てて涼しさを感じさせるために使いますが、サーキュレーターは空気を循環させるために使います。そのため、サーキュレーターは天井や壁に向けて設置することが多いようです。

寒い季節、サーキュレーターを使って空気の流れを作り出せば、暖気を効率よく短時間でまわせるため、短時間で快適な室温になるだけでなく、電気代も節約できます。サーキュレーターを上手に活用しましょう。

ということで、今回試したのはこの4台。

バルミューダの「GreenFan C2」はバッテリーを積んでいるので、気軽に持ち運んで使えるのが便利。部屋の中の温度を確認しながら、最も効率のいい場所を選べます。

ドウシシャのサーキュライトは、照明器具として天井に設置するというユニークな製品。サーキュレーター用の設置スペースが必要なく、リモコンで風の向きを上下に変えられます。

シロカの「ポチ扇」は、扇風機としても使える優れもの。音声コマンドを聞いてオンオフや強さを変えられるので、手が離せないときに操作できるところが便利でした。

アイリスオーヤマの「KIJDC-K80」は、衣類乾燥除湿機としても使えるというもの。サーキュレーターを洗濯物の前に置いて乾かすという人はいますが、これなら効率よく乾かせる上、部屋の中ではサーキュレーターとしても使えます。

以上、4製品を簡単にご紹介しました。もう少し詳しく知りたい方は知りたい方は記事をご覧ください。後日、NIKKEI STYLEに掲載されるのではないかと思います。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.