正法眼蔵は哲学書だった?

f:id:mica:20211109110049j:plain

www.nhk.or.jp

NHKアーカイブで視聴中。この本、以前、竹村牧男先生がお寺で読書会を開いていて参加したのだけど、理解力不足でよくわからなかった。きっとすごくいいことが書かれているに違いないのに、おのれの能力の限界が呪わしい。

ということで、100分de名著の解説を聞いてみようと思ったのである。ひろさちやさんの柔らかい笑顔に励まされ、なんとか第2回まで来た。あと2回、がんばってみる。

ひとちさやさんの言葉がこのページに掲載されていたので、興味のある人はご一読を。このなかの言葉が記事タイトルのヒントになった。

www.nhk.or.jp

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.