【地元の飲食店を応援しよう】鶯谷の「OCEAN SANDWICH SHOP」

コロナ禍でたいへんな思いをされている「地元の飲食店を応援しよう」シリーズ。第三弾は、鶯谷にある「OCEAN SANDWICH SHOP」さんをご紹介します。

「アメリカン サンドイッチ屋」として、今年8月にスタートしたこのお店。わが家の近くなので、何度か店の前を通っていましたが、なかなか入るきっかけがつかめずにいました(近くのお店あるある、ですよね)。

今日はたまたまランチタイムにこの店の近くにいたので、この機を逃してはならぬと、いざ入店。「サンドイッチ屋というからにはサンドイッチがあるのだろう」と想像していましたが、メニューにあるのは私が思い描くサンドイッチではありません。どちらかといえば、ハンバーガー?

手前がクリスピーチキンサンド(1000円)、奥が照り焼きチキンサンド(1000円)

しかも、なかなかのボリュームです。注文したのはいいけど、食べられるのかな……と不安になりました。

店内にイートインスペースがあり、2名のお客さんが座って食べていらっしゃいましたが、私はテイクアウト。自宅に帰り、袋を開けると、こんなイラストが。

かわいい手描きのイラスト!

たぶん、あの店長さんが描かれたんだろうなあ……。このイラストを見て、気持ちがほっこりしました。

袋から取り出してみると、想像通り、かなりのビッグサイズ! 口を大きく開いてもかぶりつける気がしませんが、でも、きっとそうするしかないんだろうなあ……と観念してガブリ。すると、やっぱり中に挟んである具が溢れてボロボロと落ちていきます。それもそのはず、このクリスピーチキン、揚げる前にちらっと見たところ、思っていたサイズの3倍はありましたから。わたしのように、具をボロボロ落としてしまいそうな方は、ぜひ片手にフォークを持って挑んでください。

私が食べたクリスピーチキンサンドは、さっくり揚げたチキンにマスタードがピリッと効いた刺激的なお味でした。夫が食べた照り焼きチキンサンドは、カリカリのチキンに美味しいソースがかかっていて、もう一度食べたくなる味だったそうです。

どちらも1000円とサンドイッチにしては少しお高めの価格ですが、味とボリュームの満足度はお値段以上でした。ぜひまた行ってみようと思います!

■OCEAN SANDWICH SHOP
東京都台東区根岸3丁目2−9

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.