正月明けに夫の高熱が3日続いて分かったこと

1/5から3日間、夫が高熱で寝込んでしまいました。この時期、風邪などで高熱を出す人も多いと聞いたので、この経験が役に立つかもしれないと思い、記事にまとめておくことにしました。以下、タイムラインに沿ってレポートします。

■1/4(火)
この日、夫は朝から頭痛を訴えていた。頭痛薬を飲んでも痛みが引かず、夕方になって「寒気がする」という。ホッカイロ貼って、毛布三枚かけて、ニンニクと生姜が入ったスープを飲んでもまだ寒いという。とってもヤバい感じ。16時半に念のため体温計で熱を測ったところ、37.5度。夜21時半には37.8度に上昇。明日も高いようだったら、発熱外来にかかったほうがいいかもしれない。といっても、どの病院に行けばいいのやら……。

■1/5(水)
朝6時に起きて体温計で熱を測ったところ、38.6度。軽い倦怠感があった。どうしようか迷ったが、6時40分に「東京都発熱相談センター」(03-5320-4592)に連絡。電話にはすぐに出てもらえて、親切に対応してもらった。そのとき聞かれたのは、以下の項目。

住所、年齢、保健所に連絡したかどうか、感染者との接触、渡航、クラスターとの接触、ワクチン接種回数、その時期、今の症状(だるさ、結膜炎、味覚障害、喉の異常など)、喫煙、健康診断での異常数値など。

それと、病院に連絡するときの注意事項も教えてもらった。「PCR検査したいと言わないでください」とのこと。これを言うと、検査希望で診察すると思われてしまうそうだ。そうではなく「東京発熱センターからの紹介で電話した」といい、症状を伝えて診察を受けよとのこと。その結果PCR検査をするのであれば検査料が無料なのだそうだ。発熱外来対応の病院を4つ紹介してもらったが、いずれも徒歩7〜8分。持って行くのは、保険証とお薬手帳、お金。移動するとき、公共交通機関は使えないと言われた。うちには車があるのに使えない。こういうときのために運転の練習はしておかなければと思った。

9時、紹介された近くの病院に電話して「東京都発熱相談センターから紹介された」と伝えたところ、「では診察に来てください」と言われた。ただし、PCR検査をするには、食べたり飲んだりしない状態が1時間続いていなければならないとのこと。夫は電話する前に2口おかゆを食べていたので「1時間後にきてください」ということになった。おかゆ、食べさせなければよかったと少し後悔。

10時、病院の発熱外来に到着。インターフォンで名前を言うと、普通の患者さんとは別の入口に案内され、2階の個室に移動して医師の診察を受けた。医師は、扁桃腺の腫れをチェックしたあと背中に聴診器を当てて診察。特に問題ないということで、インフルエンザの検査とPCR検査を受けた。結果、インフルエンザは陰性。PCR検査は外部で検査するため、結果が陽性ならば48時間以内に保健所から連絡があるとのこと。

11時に帰宅。処方された薬(カロナールとトラネキサム酸?)を4時間ごとに飲み、後はただひたすら寝る。薬を飲むと頭痛は一瞬和らぐようだが、熱は38度後半のまま下がらない。ご飯も喉に通らず、夜も全然眠れないそうだ。少しうとうとしても、見るのは悪夢ばかり。「呪術廻戦の世界だった」とのこと。

夫のPCR検査結果が出るまで、私も濃厚接触者の疑いがあるため、買い物にも出かけられない。とはいえ、食べるものがないと困るので、ネットスーパーを使って食材を注文し、玄関の前に置き配してもらうことにした。ネットスーパーがあって、本当によかった。

わが家は1LDKのマンションなので、トイレや洗面所は1つしかない。私がリビングで寝ることで寝室を分けることはできても、トイレや洗面所は分けられない。そこで、家中に除菌シートを設置し、ことあるごとに拭くことにした。保育士である娘からの助言に従って、食事前は必ず手を消毒するようにした。それだけでもかなり感染の可能性を下げることができるのだそうだ。

■1/6(木)
この日、熱は38度前半で、体はつらそうだが、少し声に力が戻ってきたようだ。おかゆがもう少し食べられるようになり、夜はぐっすり眠れるようになったとのこと。回復までもう少し?

■1/7(金)
朝方は38度台前半だったが、午前中に36度台まで下がった。本人の様子も朗らかで、すっかり良くなった様子。特に保健所からの連絡はなく、この時点で48時間が過ぎていたので、PCR検査は陰性だったと判断。午後から少しずつ日常に復帰し、翌日には仕事にも復帰した。


振り返ってみると、夫が熱を出したのはこの3日間だけ。たった3日間なのに、つらそうな姿を見ているのはとても堪えたし、「彼がコロナ陽性だったらどうしよう」とか、「私も感染するかもしれない」とか考えると不安で仕方なかった。

新型コロナウィルスに感染すると、もっと長い間、熱や頭痛が続くはず。オミクロン株は「あまり重篤化しない」と言われているが、それでもきっとこれよりひどいはずです。そう思うと、絶対罹患したくないなと思った。

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.