京極堂の世界はとてつもなく奥が深そうだ、という話

f:id:mica:20220127101810j:plain

久しぶりに読みたくなって、先日、メルカリで購入したもの。しばらく京極三昧の日々を過ごそう。

……なんてことを、この写真と一緒にFacebookに投稿したら、マニアな方から指摘があった。

あ、ノベルズ版逝ったのね(笑)。しかし、順番がメチャクチャw

はて、順番とは?と思っていたら、また別の方から次のようなコメントが。

その神棚うちにもあります!

いやいや、神棚って(笑)。そのコメントには一枚の写真が添付されていて、本のタイトルはすべて同じだったが、並び方が違っていた。この並べ方が正しいの?と聞いてみたところ、

長編と短編の刊行順ですー

とのこと。また、最初に指摘された方からも、

正しい(笑)。スッキリしたw

とのコメントが。そこで、私も並べ直してみた。その写真がこれ。

f:id:mica:20220127102004j:plain

これで一応、ご容赦いただけたようだったが、さらにマニアの方から「邪魅は、実は舞台になった平塚・大磯地域限定販売版があるのです」という情報が入ったり、ノベルズ版と文庫版の違いについて「ノベルズ版がオリジナルなんだけど、文庫版は組版や漢字などが若干違うのです。改行が増えたり(これで少しおかしなことになってるけど)、独壇場が独擅場に訂正されたりしてます。なので両方必要です(笑)」という情報が入ったり。

 

「独壇場」と「独擅場」の違いなんて、ロウガンズに分かるわけがない。ほんと、マニアってすごい。そして、京極堂の世界はとてもつもなく奥が深そうだ。私、入っていけるのかしら。

 

なごテツのブログに書かれた京極堂関連記事はこちら。

nagotetsu.hateblo.jp

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.