出雲の歴博と三段そば、宍道ふるさと森林公園

 

本日は、出雲大社へ。お目当ては歴博(歴史博物館のこと。地元では縮めてこう呼ぶらしい)と、ネットで知り合った友人との初対面。まずは出雲大社から。

出雲大社は、その昔、高さが48メートルもあったとか。その社を支えているのが、この宇豆柱。このように3本を金輪で束ねていたと考えられていて、出雲大社の境内には、宇豆柱の出土地点を示す印が描かれている。この地域からは銅剣や銅鐸が数多く出土されていて、そのことからも当時かなりの権力があったということがわかる、とのこと。健太くんはその話が大好きで、今回も歴博でじっくり見て歩いていた。

11時には友人とご対面。はじめましてと挨拶するものの、毎週Zoomで顔を合わせているので、初対面とは思えない。一緒にランチしようということで、出雲大社の近くにある田中屋で三段そばをいただいた。トッピングはとろろ、温泉卵、大根おろしの3種。先日の出石皿そばと比べると、もう少ししっかりしたお味だった。非常に美味。

そのあと我がハイエースにご招待し、チーズケーキと珈琲でしばらく歓談。とても楽しい姉妹で、いつまでも話は尽きなかったが、今夜の宿に移動すべく15時に離脱。また会いましょう。

雨の中、島根のオートキャンプ場「宍道ふるさと森林公園」で宿泊。鳥の鳴き声がすごい。キャンプらしくがっつり肉を焼く。各サイトに炊事場とバーベキューセットがあるのがすごい。私たちしかいない。ということで、本日の行程はこちら。

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.