【車旅】小布施ハイウェイオアシスで「栗おこわ」と「栗かの子」

富山の旅から東京に戻る途中、長野県にある小布施ハイウェイオアシスに立ち寄りました。

小布施ハイウェイオアシスは、上信越自動車道「小布施PA」のすぐ近くにある施設。ハイウェイオアシスとは「日本の高速道路上にある一部のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)に連結されている、道路区域外の都市公園・地域振興施設などの呼称」(Wikipedia)のこと。多くの場合、SAやPAの駐車場と直結されていますが、「小布施ハイウェイオアシス」そうではなく、いったんPA内に車を停めて、そこから徒歩で向かわなくてはなりません。

https://www.oasisobuse.co.jp/wp/wp-content/themes/oasis_obuse/images/map2.svg


私たちはそれを知らなかったので、迷いながらうっかり高速道路から降りてしまいました。きっと同じことになってしまう人は多いと思うので、小布施ハイウェイオアシスに行くときはご注意くださいね。

上記の図にある「オアシスおぶせ」とは、「道の駅 オアシスおぶせ」のこと。建物のなかに入ると、広々とした空間が広がります。手前にはお土産が、奥にはレストランがあり、小布施の名産である栗を使った料理が提供されています。

https://i0.wp.com/www.office-mica.com/magazine/wordpress/wp-content/uploads/2022/11/221124-37-2.jpg?w=1024&ssl=1

レストランの窓際には、葛飾北斎の岩松院本堂天井絵「鳳凰図」が飾られていました。株式会社NTT ArtTechnologyが株式会社アルステクネと連携し、300億画素のデジタルデータを使って実物大で完全再現したものだそう。この取り組みの詳細についてはこちらで解説されていました。

https://i0.wp.com/www.office-mica.com/magazine/wordpress/wp-content/uploads/2022/11/221124-38-3.jpg?w=1024&ssl=1

しばらくこの絵に見惚れておりましたが、私はやっぱり「花より団子」派。名物の「栗おこわ定食」を堪能しました。

https://i0.wp.com/www.office-mica.com/magazine/wordpress/wp-content/uploads/2022/11/221124-39-2.jpg?w=1024&ssl=1

これがその栗おこわ。大きな栗がしっかり入っていて、とても美味しかった。あまりにも美味しかったので、栗あんに大粒の栗をまるごと入れた「栗かの子」も買ってしまいました。お正月にいただこうと思います。

 

 inouemica.work © 2018. All Rights Reserved.